つじの骨粗鬆症・整形外科クリニック~整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科~
TEL:072-753-4152 / 市立池田病院から南へ徒歩約1分

リハビリテーション科について

当院では、光線治療、温熱治療、メドマーなどの物理療法によるリハビリテーションで疼痛の緩和や機能回復を行っています。


対象となる主な症状

  • 肩が痛い、上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • など

    主な治療内容

    物理療法

    物理的作用を加えることによる体の治療です。マッサージや、温熱・寒冷・電気療法(患部に電流を流す治療)などがあり、麻痺の回復や鎮痛などを目的に行われます。

    光線治療(キセノンレーザー治療)
    キセノンが発する近赤外線は、広い範囲で体の深部まで到達して神経や筋肉を温め、緊張している交感神経を緩和し、滞っていた血液の流れを良くすることによって痛みを和らげます。電気治療のようなビリビリする感じはなく、心地よい温熱感が持続するという特徴があります。


    温熱治療(PHYSIO PACK)
    フィジオパックは、5種類の鉱石と磁器セラミックボールを使用したホットパックです。約70℃に温められた鉱石が生み出す心地良い遠赤外線効果で慢性の肩こり、腰痛などに効果的です。


    エアーマッサージ治療(Dr.メドマー)
    Dr.メドマーは、ブーツのような形をした機械を装着することで、空気圧により足(下肢)のマッサージを行います。太さ、大きさに関係なく、一定の加圧でマッサージを行うことができます。空気圧によるマッサージですので、痛みや電気のような刺激は一切ありません。